オンラインバイナリー.com



金融ビッグバン以降、各証券会社がしのぎを削って自社の金融商品を喧伝し続けています。グローバル化は良いことだとする風潮が日本全土を多ってしまい、かつての貯蓄型の安全安定志向型の日本から、アメリカ合衆国のように投資型の国家へと姿を変えつつあります。投資商品もリターンを求めるものが人気化し、中でもFXはレバレッジ400倍を認める業者が横行するというこれまでの常識では考えられないような正に「ギャンブル」が平然と喧伝されてきました。400倍を使ってUSD/JPY1単位を2500円ほどでポジショニングできてしまうわけですが、忘れてはならないのは、あなたは何気なく100万円ほどの買い物をしたということなのです。

hgwer

個人投資家の間で密かなブームになっているのバイナリーオプション


バイナリーオプションは、投資行為の範疇に入っていますが、実際にすることは、その言葉のイメージからは予想もつかないほど簡単な投資取引です。バイナリーオプションは二者択一の予想をするだけで、そういう意味では、ギャンブル的な要素も含まれています。バイナリーオプションの最も基本的な形であるハイ・ローオプションを例にして、もう少し詳しく説明しましょう。

このハイ・ローオプションは、対象となる為替レートなどの銘柄が、この先に上がるのか、あるいは下がるのかを予想するだけです。そしてもし予想が当たれば、当資金に配当金がついて戻ってきます。そしてもし予想が外れてしまったら、当資金が没収されます。

horliereもう少し具体的に説明すれば、あなたがドル/円の為替レートを対象にしたバイナリーオプションに投資をするとします。そして現在のドル/円の為替レートが 100円だとします。そして5分後の為替レートが、これよりも高く(円高になる)と予想しました。そして5分後の実際の為替レートが99円になっていたら、予想が当たったので、配当金を受け取ることができます。逆に101円になっていたら、投資したお金は戻ってきません。ここでは分かりやすく、結果を99円と101円としましたが、この変動幅は、バイナリー取引では関係ありません。つまり99円99銭であっても、予想は当たったことになり、100円01銭であっても予想はハズレです。

バイナリーオプションの最大の魅力は、このシンプルで分かりやすい投資方法にあります。また予想があたった時の配当金の率は、バイナリーオプションではペイアウト率と呼ばれますが、その銘柄によって違います。そしてこのペイアウト率には、広く差がありますが、40%前後~80%前後のものが多いようです。つまり100円を、ペイアウト率が80%のバイナリーオプションに投資して、その予想が当たれば180円を手にできるのです。

バイナリーオプションのもう1つの魅力は、その結果が短時間ででることにあります。バイナリーオプションで予想するレートの時間帯は、もっとも短いもので1分後、他に5分~10分程度から、1日後など様々あります。株式などの他の投資に比較すると、終わりの時間が決められていることと、その時間が短いことに違いがあります。つまり1分程度の時間で、投資金が1.4倍~1.8倍になるのがバイナリーオプションなのです。
バイナリーオプションには、他にもレンジオプションと呼ばれるものや、タッチオプションと呼ばれる種類のものがありますが、基本的な考え方はすべて同じです。二者択一の予想をして、その予想が当たれば、配当金を受け取れるシステムです。
 
多くのFX業者などが提供しているバイナリーオプションですが、そもそもバイナリーは「二者択一」という意味であり、最近では上級者から初心者までも参加できる投資法となりました。バイナリーオプションは、為替レートの先行きを予想し、予想が当たるか、外れるかで、投じた額に利益が乗って戻ってくるか、、お金が全く戻らぬか、単純なギャンブルのような世界です。 また、バイナリーオプションの特徴に、損失額の上限があらかじめ決められており、購入金額を上回る損失が出ることはないので、初心者にもおすすめの投資法といえます。

投資というと、どうしても難しいとか、勉強が必要だとか、リスクが大きいといったイメージがあります。確かにバイナリーオプションでも、多少の勉強や経済ニュースに注目する必要はありますが、難しい経済用語や難解なチャートの勉強をしなくても、利益を挙げることができる投資方法と言えます。


まず投資といっても色々な商品があります。ひとくくりにいえば株、為替、国債や建物の不動産投資など様々です。

投資分散といっても個人それぞれいろんな分散のやり方があります。景気がいいときは日経平均株価があがり株価が上昇します。このとき為替も株が上がるということは基本円安になるパターンがほとんどです。ですが日経平均の株価が下がれば円高になることも多いです。

ですが景気の悪いときは国債の値が上がることが多いです。景気の悪いときは多くの投資家は安全な国債や海外の債券を買って配当をもらったりしています。ですので株に投資したい場合でもいろいろな商品に分散することが大事です。

株ばかりに投資したい場合は日経平均というのはあくまでも限られた企業の平均ですから日経平均が上がっても株価が下がる銘柄もあります。会社の業績などにも左右されます。基本的に円安になった場合は輸出産業の株価が上昇します。

例で挙げればトヨタなど国内販売だけでなしに海外での販売もしている会社は円安になれば会社の利益がふえます。国内での販売をしているところは円安になると仕入れの材料や商品の仕入れ価格が上がる場合があり会社の業績が落ちて、株価が下がる場合もあります。

また同じ業種の会社だと景気の変化により株価の変化が同じようになることも多いです。同じ業種の株だけを買うのはリスクが高いのでいろいろな業種の株を買うほうがいいと思います。例えばですが卵があるとします。

一つのかごにすべていれてしますとかごを落とした場合すべての卵が割れてしまいます。ですが卵を入れるカゴを数か所に分けると1つがだめでも他はいけます。株に置き換えるとこれを分散投資といいます。

後自分がやっている株の投資方法ですがいろんな業種にも分けてますが、株で利益を出すやり方として優待株、配当株、成長株に分散しています。買う基準としては過去数年間の会社の業績などを見て買っています。

優待株は決算前になると株価が上昇することが多く、決算が終わると株価が下がることも多いです。また優待廃止などになると株価がぐんと下がります。配当株も同じことがいえます。

配当が減配になれば株価は下がりますが、増配になれば株価も上がります。成長株は割安の株を買って上がるのを待ちますがいつ上がるかはわかりませんが業績がいいと急に注目され一気に上がることもあります。

このように業種だけでなく幅広く分散していくことが大事かと思います。