オンラインバイナリー.com



金融ビッグバン以降、各証券会社がしのぎを削って自社の金融商品を喧伝し続けています。グローバル化は良いことだとする風潮が日本全土を多ってしまい、かつての貯蓄型の安全安定志向型の日本から、アメリカ合衆国のように投資型の国家へと姿を変えつつあります。投資商品もリターンを求めるものが人気化し、中でもFXはレバレッジ400倍を認める業者が横行するというこれまでの常識では考えられないような正に「ギャンブル」が平然と喧伝されてきました。400倍を使ってUSD/JPY1単位を2500円ほどでポジショニングできてしまうわけですが、忘れてはならないのは、あなたは何気なく100万円ほどの買い物をしたということなのです。

hgwer

通貨ペアの特性を活かしたバイナリーオプション投資でリスク分散

バイナリーオプションで取り扱われている通貨ペアは、たくさんの種類があります。そしてそれぞれの通貨ペアの特性や連動性を活かして同時購入することで、リスクを減らして、利益を増やすことができます。

例えば値動きが小さく安定している米ドル/円のバイナリーオプションを購入する場合には、現在値に近い低倍率のものを選びます。しかしそれだけでは、なかなか利益もあがらずに面白くもありませんので、同時に値動きが活発な英ポンド/円の高倍率のチケットを購入します。現在値よりも大きく離れているチケットなら価格が安いために、もし外して投資金が戻ってこないケースでも、大きなダメージとはなりません。そして予想が当たれば、大きな利益を受け取ることができます。このあたりは基本的なことなので、FX基礎.net

hoisaurjke またリスクを小さくするために、値動きが逆になる傾向がある2つの通貨ペアを同時に購入する方法も有効です。例えば米ドル/円とユーロ/米ドルのそれぞれの通貨ペアです。この2つの通貨ペアは、逆に動く強い傾向があります。つまりそれぞれの方向性が逆のチケットを購入すれば、リスクヘッジとなります。

また時間差で、先に米ドル/円のチケットを購入し、予想通りの動きをしていればもちろんそのままで、もし予想とは逆の動きをしていれば、逆の方向に動くユーロ/米ドルのチケットを買います。これでもリスクヘッジができます。同じ方向に動く傾向がある通貨ペアや逆方向に動く傾向がある通貨ペアを抑えておけば、この様な運用で、リスクを抑えながらも利益を増やしていくことができます。

人気の4通貨ペアの傾向と対策

米ドル/円
日本人に一番馴染みがあるのが、この通貨ペアです。世界で2位の取引量を誇るこの通貨ペアは、安定しているのが最大の特徴です。そういう点では、初心者向きとも言えるでしょう。為替レートの急激な変動がもっとも発生しにくい通貨ペアなので、比較的予想がしやすいと言えます。

ユーロ/円
こちらの通貨ペアも安定しています。米ドル/円に引けを取りません。しかし最近あったようなギリシャの財政不安のような事態がおこれば、一気にユーロ安に進みます。そのようなチャンスを逃さないようにしなくてはなりません。

ユーロ/ドル
世界中でもっとも取引量が多い通貨ペアです。しかしその割には、派手な動きをするのが特徴です。また強いトレンドが出て予想がしやすい時もあり、そのタイミングなら高倍率のバイナリーオプションで大きな利益を狙うことが可能です。