オンラインバイナリー.com



金融ビッグバン以降、各証券会社がしのぎを削って自社の金融商品を喧伝し続けています。グローバル化は良いことだとする風潮が日本全土を多ってしまい、かつての貯蓄型の安全安定志向型の日本から、アメリカ合衆国のように投資型の国家へと姿を変えつつあります。投資商品もリターンを求めるものが人気化し、中でもFXはレバレッジ400倍を認める業者が横行するというこれまでの常識では考えられないような正に「ギャンブル」が平然と喧伝されてきました。400倍を使ってUSD/JPY1単位を2500円ほどでポジショニングできてしまうわけですが、忘れてはならないのは、あなたは何気なく100万円ほどの買い物をしたということなのです。

hgwer

流れがはっきりしている相場という有利な状態


バイナリーオプション投資の時に、特に重要となるトレンド相場について考えてみたいと思います。バイナリーオプションに限らず、投資の話になると、どうしても難解な専門用語が多くなって、わかりにくくなる傾向があります。しかし心配は要りません。要は慣れの問題も大きいのです。初めて聞く言葉は、確かに理解し難いでしょう。しかしその言葉自体に慣れていけば、抵抗は低くなり、理解がしやすくなっていきます。

そこでトレンド相場のお話です。トレンド相場とは、どの様な相場なのかについて、説明してみましょう。トレンドと言う言葉自体は、一般的な言葉と言っても良いでしょう。英語ですが、日本語の意味としては、流れということで考えれば良いでしょう。

hoiusrere つまりトレンド相場とは、流れがはっきりしている相場のことです。相場が上昇しているのなら、その傾向がはっきりとしている、下降しているのならその傾向がはっきりとしているということです。このように傾向がはっきりと出ているということは、バイナリーオプション取引にとっては、有利な状態です。

代表的なバイナリーオプションであるハイ・ローオプションでは、開始時点から一定時間後の相場が高くなっているのか、あるいは低くなっているのかの予想をするわけですから、上昇傾向にあるのなら、高くなるという予想をして、下降傾向にあるのなら低くなるという予想をすれば当たる確率は高くなります。

これはもちろん、100%ではありません。どちらか一方のトレンドがあっても、多くの場合は小刻みな上下を繰り返しながら動いて行くからです。しかしテクニカルチャートを参考にすることで、より勝率をあげることができます。

そしてバイナリーオプションの配当金についても、考えてみましょう。バイナリーオプションでは、予想があたった時にもらえる金額は予め決まっており、その投資金額に対する割合をペイアウト率と言います。ペイアウト率が高ければ、それだけ配当金も高くなり、ペイアウト率が低ければそれだけ少なくなります。それならば誰でも、ペイアウト率が高いバイナリーオプションに投資したくなるでしょう。

しかしペイアウト率が高いということは、それだけ勝つのが難しいということを意味します。凄く極端な言い方をすれば、「そんなはずないだろう」と思うようなものほど、ペイアウト率が高いのです。つまり高いペイアウト率にだけ注目してバイナリーオプションを選んでいると、負けることばかりとなって、損失が膨らんでいくことになります。

ペイアウト率が低いものでも、確実にコツコツを利益をあげていくことができるのです。